ガラスのトラブルに最速30分で対応!

国立市でガラスの修繕作業

国立市でガラスの修繕作業
カテゴリ ドア・扉 ドアガラス 
解決内容 ガラス修理・交換 
場所 東京都 
メーカー・ブランド
製品・車種
その他
国立市でガラスの修繕作業をしてまいりました!!
5月も半ばを過ぎました。だいぶ暑い日が増えてきて夏の匂いがしますね!季節の変わり目は風邪など引きやすい時期でもあるので体調管理には十分に気をつけてバリバリ働きたいと思います!!皆さんもご体調には十分気をつけて下さい。


さて本日は東京都国立市のお客様より、お電話頂きましてガラスのご交換をしにご訪問させて頂きました!
いざ出発です。ちょうどすぐご近所のご住所で個人のお客様宅にてガラス交換をさせて頂いていたので40分ほどで現地に到着する事ができました。「こんなに早く来てくれるものなんですね!そこまで急ぎではなかったのですが大変助かります!」と大変喜んで頂けました。

さっそくですがお客様からお話を伺います。
「数日前にビルの中にある事務所のドアのガラスが割れてしまい、ボロボロ落ちてきたり人が通行する時に体に当たってガラスが落ちてしまったりすると行けないのでガムテープを貼って止めているのです」との事でした!
それは危険です!
お話を伺ったあと「即!」現場を確認していきます。
下記の写真が施工前のガラスの写真です。



採寸させて頂いたところH900mm*W700mmの種類はWKH
★WKHとは、くもっているガラスでガラスとガラスの間にワイヤーが入っているものの事です。
今回のお客様のおうちはクロスワイヤーが入っているタイプでした。

まずは現在入っているガラスを取り除いていきます。



その後車に積み込んであるガラスをおもてで、ここが腕の見せ所です、キッチリサイズ通りに切断していきます。



今回はお客様のご希望により「押縁(おしぶち)」で仕上げさせて頂きました。
★押縁(おしぶち):材料の端部がずれたり、はねたりしないように押さえつける細長い部材のこと。 押縁は額縁のように、四周に廻すこともあるが、飾りではなく下の材を押さえるために用いられる細材である。また端部ではなくても、薄い板を押さえるために、板の中央に使われることもある。



作業も無事完了しお客様にもご満足頂き、有意義な作業でした、次も頑張ります!